ジョブホッパーが注意すべきポイントを説明します

マイナス評価は方法次第でプラスに

転職の業界では、あまりに転職回数が多いとマイナス評価につながるとの意見があります。確かに、短い期間で転職を多く繰り返しているジョブホッパーは、仕事の経験が浅いケースが考えられるでしょう。そのため、転職が容認されるようになった現代のビジネス業界であるとはいえ、転職回数が評価に必ずしも良い方につながるわけではありません。この事実を見逃していると、転職活動でかえって不利になる可能性も出てくるのです。そのため、転職業界の動向を知っておくことが大切です。

例えば、介護の業界においても、転職する人の姿は珍しくなくなっています。しかしできれば、これまでの転職の回数よりは、転職の質の面を重視したいところです。
時として、多くの職場を渡ってきたことをアピールする人も確かにいます。しかし介護の職場で人材を求めている採用担当者は、就職希望者の転職の回数よりも、本人にどのような実力が備わっているか、詳しく確かめたいと考えているのです。採用試験でも、これまでの転職で多くの介護の現場経験を経て、学んできた具体的な知識やスキルなど内容が問われます。
そこでジョブホッパーとしては、これまでの仕事の経験から何を学んできたのかについて、分析しなければなりません。他の人に比べて、採用してもらえるような有利な点を見つけだし、アピールポイントとするのです。

ジョブホッパーへのマイナス評価は、方法次第ではプラスに転じることができます。回数を誇るよりも、転職で実力を培ってきた点を積極的に前面に押し出していきましょう。そうすれば、就きたい職場の求人案件から、採用されるチャンスが増えるはずです。

Comments are closed.